スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

外貨預金とFXの違い

また円高が進む本当の理由!?
人気ブログランキングでチェック!!


またまた 円安 に、それも急激に動いてますね。
私には理由なんかわかりませんが、思わず注文したくなっちゃいます。o(^-^)o

草むらで身を潜めて獲物を狙う獣のように、じっと我慢して、その時が来るのを待ちたいと思います。


さて、私の周りでもこの 長期の円高 の影響か、外貨預金 を始めようかなどどいった声がよく聞こえるようになりました。

これまで、あまり 外貨預金 のことは詳しくなかったので、少し調べてみました。(今さら? って気がしますが。)

そこで、FX との違いについて書いておきたいと思います。


1)FXの方が手数料が安い

外貨預金 では、円から外貨への両替手数料が1米ドルあたり片道1円かかります。
(銀行によって違いがありますが。)

例えば、
1万ドルの 外貨預金 をする場合、レートが1ドル=100円だとすると、1ドル=101円(片道1円の手数料)で計算されてドルに両替されますので、

100万円が、101万円となってしまい、1万円多く円が必要となります。

FX では、多くの業者が手数料0円であったり、数百円程度で、スプレッドが5銭だったとしても、合計で、500円~1,000円で十分でしょう。

やっぱり FX のほうが、圧倒的に手数料は安いですね。


2)FXではレバレッジをかけられる

FX では レバレッジ をかけられるので、投資金額以上の売買ができます。
これによって、少ない投資金額で、大きな利益を上げることもできるようになります。

ただし、これは損失の場合も同じことが言えるので、必ずしも FX が優位ということではありませんが。


3)FXでは売りからでも入れる

外貨預金 では、円が自通貨なので、円をドルなどの外貨に替えるところがスタートとなります。
ドルが下がりそうだと思っても、ドルを円に替えるところをスタートにすることはできません。

その点、FX は売りから始めることもできるので、相場の状況にあわせて柔軟な売買ができます。


4)FXではスワップ金利が毎日もらえる

外貨預金 の利息は、満期になった際に受け取れますが、FX だと毎日 スワップ金利 という利息が得られます。
ポジション を持っている間は、もらい続けることができます。

業者によっては、1日ごとに口座に使用可能な金額として計上されるケースもあります。


と、ここまで書いてきて、FX のメリットばかりが並んだような気がします。
意識して書いた分けではないのですが...f(^^;)

決して、外貨預金 が悪いと言っている分けではないが、もし、どちらがいい? ときかれれば、FX をお勧めしちゃいますね。


ランキング 『サラリーマン投資家』 参加中です。
ぜひ応援お願いします。→ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


スポンサーサイト

FXの注文方法(自動売買)

昨日は バレンタインデー でしたね。
なんと、私は娘から手作りのチョコをもらってしまいました。ヤッター(^^V

毎年、もらってたんですけど、手作りは初めてで、「ずいぶん成長したな~。」なんて感心しつつも、ちょっと寂しかったり。
で、どうせそのうち彼氏ができて、こっちは相手にされなくなっちゃうんだろ~な。(TT)
などと非常に複雑な想いの一日でした。


さて、そんな家族のためにも、おとーさんは頑張らねば、ということで、今回は前回の 注文方法 の続きで、自動売買 について書いておきます。


FX には、事前にレートを設定しておくと自動で売買を行ってくれるという便利な 注文方法 があるようです。

1)IFD(イフダン)注文
2)OCO(オー・シー・オー)注文


1)IFD注文
IFD注文 は、新規の注文を出す際に、決済の注文も同時に設定しておき、新規の注文が成立した場合に、決済の注文が 自動的に 発注されます。

例えば、
今、1ドル=108円 だったとすると、
「107円まで下がったら買って」、それが買えた後に、「109円まで上がったら売り」といった2つの注文を設定しておきます。


2)OCO注文
OCO注文 は、同時に2つの注文を出し、一方の注文が成立した場合に、他方の注文が 自動的に キャンセルされます。

例えば、
1ドル=108円のポジションを保有しているときに、「110円まで上がったら売り」(利益確定)という注文と、「105円まで下がったら売り」(ストップロス)という注文を同時に設定しておきます。


自動売買 を上手く使いこなせれば、一日中PCにへばりついてレートをチェックしていなくてもすみそうで、安心して本業の仕事にも取り組めますね。
(ただし、FX業者によって異なるようですので、詳細はFX業者に確認して下さい。)

今日の教訓:自動売買を使って効率よく取引きしよう!

FXの注文方法

すっかり風邪をひいて寝込んでしまいました。
おかげで、このブログの書き込みも、ちょっと間があいてしまいました。
でも、そのおかげでたっぷりと FX について勉強する時間がとれました。^^
(たまにはいいですね。)

さて、今回は FX注文方法 について、書いておきたいと思います。


FX には、次のような3つの 注文方法 があるようです。

1)成行(なりゆき)注文
2)指値(さしね)注文
3)逆指値(ぎゃくさしね)注文


1)成行注文
成行注文 とは、取引レートを指定しない 注文方法 で、売りでも買いでも注文を出した瞬間のレートで売買が行われます。

2)指値注文
指値注文 とは、売りや買いのレートを指定する 注文方法 で、売りの場合は今より高いレートを指定し、買いの場合は今より安いレートを指定します。

例えば、
今、1ドル=108円 だったとすると、
「107円まで下がったら買い」、「109円まで上がったら売り」といった注文になります。

3)逆指値注文
逆指値注文 とは、指値注文 と同じように、売りや買いのレートを指定する 注文方法 ですが、指値注文 とは逆に、今より条件が悪くなった場合のレートを指定します。

例えば、
今、1ドル=108円 だったとすると、
「106円まで下がったら売り」、「110円まで上がったら買い」といった注文になります。
ちょっとこの例だけで考えると、なんでこんな損するような注文を出すの? と思ってしまいますが、次のようなケースでよく使うらしいです。

1ドル=108円のポジションを保有しているときに、「105円まで下がったら売り」という 逆指値 の注文を出しておくことで、損失を一定額(3円分)に抑えることができます。
これを「ストップロス」と言うそうで、リスク管理上、とても大事な考え方のようです。

さて、他にもたくさん学んだことはあるのですが、病み上がりなので、今日はこの辺で。

今日の教訓:逆指値注文でストップロスを忘れずに!

FXのリスク管理

儲ける方法の次は、リスク について考えたいと思います。
FX は元本保証の商品ではないので、当然 リスク を伴うもので、損失を被る可能性は常にあると思っておいたほうが良いのでしょう。

FX には、相場が急変した場合でも損失をなるべく抑える仕組みとして、「自動(強制)ロスカット」というものが用意されているようです。

今回も、入門サイト FX初心者でもよくわかるFX入門 で、勉強させていただきました。

自動ロスカット とは、証拠金が20~30%になると、ポジションの一部やすべてを自動的に決済されるルールのことだそうです。
ロスカットを強制的に行うFX業者や警告の連絡やメールを送るFX業者などがあります。

例えば、証拠金が10万円だとして、
1ドル=110円の時に1万ドル(110万円)買って、

これが、
1ドル=102円になると、1万ドル=102万円なので、

8万円の評価損となり、自動ロスカット が行われます。
(自動ロスカットが、20%の場合)

損失を証拠金以内に限定するためには、仕方がない措置なのでしょうが、できればこのような状況には陥りたくないですね。

今日の教訓:自動ロスカットより前に、自分でロスカット!

FXでの儲け方

前回書いた通り、入門サイト FX初心者でもよくわかるFX入門 で、ガッツリと勉強させていただきました。

このサイトは、FX の基礎知識的なことから、FX業者 の選び方、比較まで、初心者 にも分かり易く書かれていて、少々頭が硬くなってきた私にもすんなりと理解することができました。

勉強の成果として、『FXでの儲け方』 についてここに書いておきたいと思います。

FX での儲け方には2つの方法があるようです。

1つ目は、為替レート の変動を利用して、売買益(キャピタルゲイン) で儲ける方法。
いわゆる、「安く買って、高く売る」式の売買で、その差が儲けとなります。

1ドル=100円の時に1万ドル(100万円)買って、
1ドル=110円の時に1万ドル(110万円)売ると、
差額の10万円が儲けになります。

この方法は、私も知っていたぐらいなので、投資に興味を持つ人なら誰でも当たり前のこととして知っているのではないかと思います。


2つ目は、金利の差 を利用して、儲ける方法。
金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うことで、金利の差に相当する分を儲けとして手に入れることができます。
この金利の差のことを スワップポイント と言うそうで、この方法で儲けることを投資用語では、インカムゲイン と言うそうです。

考え方としては、「金利の安い通貨を借りて、金利の高い通貨を買う」と考えると分かり易いのではないでしょうか。

借りた分には金利を払う。でも買った分には金利を貰う。
貰う金利から払う金利を引いて、残った分が儲けとなります。

と、ここで素人の私の頭にはひとつの考えが...

通貨間での金利の関係(高い、安い)はそんなに急に変わらないだろうから、高い方を買って持っていればしばらくは スワップポイント が得られ続けて、何もしなくても儲かってしまうのでは?

が、そんなに甘くはなかったですね。
ちゃんと注意点として次のようなことが書かれていました。

インカムゲイン の利益は、キャピタルゲイン の利益より小さい。為替レート が不利な方に動けば、スワップポイント の利益などは吹っ飛んでしまいます。」

なんでそうなのかは、実際の数字で試算してみれば分かりますが、ここでは省略しますね。
それにしても、最初に聞いておいて良かった。
FX初心者でもよくわかるFX入門 さん、ありがとうございました。

今日の教訓:インカムゲインより、キャピタルゲインを狙え!


| ホーム | 次ページ
Page Top↑

最近の記事

最新情報

パーツ提供:ALL外為比較

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

ミズゴロー

Author:ミズゴロー
40才 二児の父
育児からも開放されつつある今日この頃。
自由にできるお金を増やすべくFXへの挑戦を決意!
そんなに簡単なものではないと知りつつも、月に3万円ぐらいならと甘い期待を胸にする投資初心者

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。