スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

千鳥足なら得意! ランダムウォーク理論とは?

1日で7万円もの利益! うらやまし~。
人気ランキング5位 ど素人さんの技をチェック!!


円安 がだいぶ強くなってきましたかね~。

陽気もいいですし、なんかソワソワしてきちゃいますが、目先の動きは気にせず、手をださず、お勉強などしてみちゃいましょうか。

相場見ていても、ポジションない ので、寂しいだけですし... (-。 -; )


投資関係の雑誌をパラパラと眺めていたら、「ランダムウォーク理論」などという見慣れない単語が目に飛び込んできました。

相場経験者なら知っていて当たり前の用語なのかもしれませんが、いかんせん不勉強な私にとっては、???といった感じでした。

早速調べてみると、

「ランダム・ウォーク理論 (Random Walk Theory ) とは、株価の値動きについての「予測の不可能性」を説明する理論。」
(フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)より)

とあるではありませんか。

これだけ読むと、すごい理論のように思えませんか?
『予測が不可能なことを説明するための理論』 なんですよ!!

わざわざ予測ができないことを説明するための理論なんですから、言い訳の集大成みたいな感じでなんと斬新な、と思ってしまいました。(^ ^;)ゞ


もう少し読み進めてみると、

「株価の値動きは、どの時点においても短期的には「上昇と下降の可能性」がほぼ同じであり独立した事象であるから、過去のトレンドやデータによって将来の値動きを予測することは不可能である、とする理論である。」

とあります。
やっぱり、『上がるか、下がるかは、予測できません。』 とはっきり言い切っていますよね。(なんと男らしい!)


さらに先へ読み進めていくと、

「数学的に厳密なランダム・ウォークで・・・」

「確率論による非常に明晰な数学的記述が・・・」

「正規分布が導入でき・・・」

と、難しい言葉が続きます。ヽ('ー`)ノ

どうやら、単なる言い訳理論ではなく、きちんとした数学的な理論のようです。
(当たり前だっつーの。)

でも、結論は『予測できません!!』な訳ですよね。
どう理論を展開して、その結論まで達するのか、ちょっと興味が沸いてきました。

時間のあるときに、もっと突っ込んで調べてみたいと思います。
(って、これじゃ全然お勉強になってないませんね。(^~^;)ゞ )


ランキング 『サラリーマン投資家』 参加中です。
ぜひ応援お願いします。→ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑

最近の記事

最新情報

パーツ提供:ALL外為比較

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

ミズゴロー

Author:ミズゴロー
40才 二児の父
育児からも開放されつつある今日この頃。
自由にできるお金を増やすべくFXへの挑戦を決意!
そんなに簡単なものではないと知りつつも、月に3万円ぐらいならと甘い期待を胸にする投資初心者

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。