スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

基本方針について考える

相場もわりと安定しているようなので、改めて自分の 投資スタイル について考えてみたいと思います。

まず、基本方針 というか 心構え から。

たった1回のトレードですが、そこから学んだことは ストップロス の大切さ。
ストップロスの逆指値注文を入れておくことで、最初に 損失を限定する ことができ、これが非常に重要だということ。

こうすることで、思惑と逆の方向に値が動いても、設定した額以上に損失が膨らむことはありません。
(実際にストップロス後、さらに大きく下げたので損失が少なくてすみました。^^;)

もちろんこれは逆に考えると、大きく下げて ストップロス に達した後、上昇するようなケースでも損失となってしまうので、利益を上げるチャンスを失うことにもなるわけですが。


つきつめて考えていくと、結局は「ハイリスク・ハイリターン」を選ぶのか、「ローリスク・ローリターン」を選ぶのか、といった当ったり前の選択になってしまうように思います。

「一発勝負の大博打」であれば、ハイリスク・ハイリターンに賭けても面白いかもしれませんね。(私は博打は弱いので、遠慮しておきますが。)

でも、現実の投資は一発勝負ではないですし、元金を失わない限り、何度でも続けられます。
できるだけ損失を抑え、長期間続けることで得られるメリットがあるように思います。


ということで、「リスクを取ってでも儲ける」ではなく、「リスクを減らして損をしない」を基本方針としたいと思います。


新たにランキングに参加しました。

『サラリーマン投資家』です。
ぜひ応援お願いします。→ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


スポンサーサイト
ストップロスについて
こんばんわ。夜分に失礼します。
僕もかつては、ストップロスを入れないトレードで結構利益を上げている時期がありました。

ポンドとスイスフラン(いわゆるポンスイ)のペアで取引していたのですが、当時そのペアは長いレンジ相場であり、買いを入れて多少値を下げても必ずまた上昇するという期間が長く続いていたので、ストップロスの重要性は感じていませんでした。

しかし!ある日突然レンジをブレークし、ポジションと逆の方向に激しく値動きし、仕事から帰りPCを立ち上げたときには口座資金がほぼゼロになっていたという苦い経験をしました。

その日以来、ストップロスは必ず入れるようにしています。そうすることで、一定以上の損失は回避できるという安心感を持つことができるようになりました。

損失を確定することは勇気のいることですが、相場で生き残るためにはとても大事ですね。。。
by: とーたんず * 2008/03/27 23:04 * URL [ 編集] | UP↑

とーたんず さん、

貴重なコメントありがとうございます。

私の場合、まだ経験が浅いのでこれからどうか分かりませんが、やはり含み損が大きくなればなるほどロスカットがしずらくなるのではないかと思います。
これを避けるためにも、予めストップロスを入れておくことは重要かなと考えています。

これからもコメントお願いいたします。m(__)m
by: 管理人 ミズゴロー * 2008/03/28 21:15 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

最近の記事

最新情報

パーツ提供:ALL外為比較

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

ミズゴロー

Author:ミズゴロー
40才 二児の父
育児からも開放されつつある今日この頃。
自由にできるお金を増やすべくFXへの挑戦を決意!
そんなに簡単なものではないと知りつつも、月に3万円ぐらいならと甘い期待を胸にする投資初心者

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。